平尾医院|豊橋市中松山町の内科、小児科、脳神経内科

  • HOME
  • 脳神経内科外来
脳神経内科外来

脳神経内科外来

①問診
症状と経過をお聞きし神経障害の原因を診断します。
②神経学的診察により神経障害の部位を診断します。
③検査を施行し、診断を確定します。初診で脳神経疾患の診断が確定できない場合、半年後から一年後に再度診察を行う場合があります。

脳神経内科の検査

1)頭部CT・頭部MRI/MRA
2)頭部SPECT
3)脳波検査
4)筋電図検査・神経伝導速度検査
5)脊髄MRI
6)腰椎穿刺(脳脊髄液検査)
7)脊椎レントゲン
8)頸動脈エコー検査

7)8)は当院にて施行が可能です。 その他の検査は、当院連携医療 機関と連携して施行させていただきます。

脳神経内科の治療

急性期脳梗塞

①笑うと顔がゆがむ
②両手を上げると片手が下がる
③言葉を話したり言葉を理解できない
以上3つが突然見られた場合、 急性期脳梗塞が疑われます。
脳MRI(DWI)が施行できる総合病院脳神経内科を救急車で受診してください。

*発症後4.5時間以内の脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症)であれば、t-PA静注療法急性期脳血管内治療で脳障害を軽減することが可能です。

慢性頭痛

頭痛外来へご相談ください。
小児は問診が可能な小学校低学年からの受付となりますのでご了承ください。

認知症

物忘れ外来へご相談ください。

パーキンソン病

パーキンソン病外来へご相談ください。

めまい

①良性発作性頭位めまい症(BPPV)
頭部を動かす度に耳石により三半規管内のリンパ液が刺激され、回転性めまい発作が繰り返し出現。その後次第に改善していく良性疾患です。治療は主として耳鼻咽喉科にて行われますが、当院でも診療可能です。
②脳梗塞
小脳・脳幹の虚血によるめまいです。回転性めまい、両側眼瞼下垂、眼球運動障害、構音障害、嚥下障害、片麻痺、半身感覚障害、小脳性運動失調が見られます。頭部MRI(DWI)にて小脳・脳幹の高信号病変を確認する必要がありますので、総合病院脳神経内科を紹介させていただきます。
③聴神経腫瘍
めまい(ふらつき)、感音性難聴の他、末梢性顔面神経麻痺、小脳性運動失調を認めます。頭部MRIにて小脳橋角部に腫瘍が認められます。手術が必要ですので、脳神経外科を紹介させていただきます。

てんかん

当院では、てんかん診断(発作型・原因)が確定された方の経過観察と坑てんかん薬の継続処方のみ行っております。
問診によりてんかんを否定できない場合、日本てんかん学会認定てんかん専門医を紹介させていただきます

※脳波検査はてんかん波を常に検出できる訳ではありません。また小児脳波は判読に専門知識が必要です。脳波検査・脳波判読・処方変更・自動車運転に関わる診断書の作成はお受けできません。

紹介先医療機関

当院で診断が確定できない場合、入院治療が必要な場合は、以下の医療機関を紹介させていただきますのでご相談ください。

豊橋市内

豊橋市民病院(脳神経内科・脳神経外科・整形外科・耳鼻咽喉科・眼科)
成田記念病院(脳神経内科・脳神経外科・整形外科)
福祉村病院(神経内科・精神科)
積善病院(脳神経内科)
豊橋整形外科江崎病院(整形外科)
弥生病院(脳神経外科・眼科)
光生会病院(整形外科)
とよはしにし整形リハクリニック(手外科・整形外科)
飯塚医院(耳鼻咽喉科)
おおいし眼科
かずおメンタルクリニック(心療内科・児童精神科)
至クリニック(心療内科・精神科)
かみやメンタルクリニック(心療内科・児童精神科)
松崎病院(認知症疾患医療センター・精神科)
岩屋病院(精神科)
可知病院(精神科)
大島医院(精神科・心療内科)

豊橋市外

聖隷浜松病院てんかんセンター(てんかん科・小児神経科)
浜松医科大学医学部附属病院(脳神経内科)
国立長寿医療研究センター・もの忘れセンター(老年内科・神経内科)
藤田医科大学ばんたね病院(脳神経内科)
名古屋市立大学病院(脳神経内科)
静岡てんかん・神経医療センター(てんかん科)
順天堂大学医学部附属順天堂医院(脳神経内科)
東京女子医科大学病院(脳神経外科)