平尾医院|豊橋市中松山町の内科、小児科、脳神経内科

  • HOME
  • 脳神経内科
脳神経内科

脳神経内科とは

■脳神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・神経筋接合部・筋肉の疾患を担当する内科です。

■脳神経内科の症状

◆記憶障害や判断障害がある。(認知症)
◆運動障害がある。(運動麻痺、運動失調、動作緩慢、不随意運動、けいれん発作)
◆感覚障害がある。(頭痛、めまい、しびれ)

■他の診療科との関係
麻痺や感覚異常が骨や関節が原因ならば整形外科に、手術が必要ならば脳神経外科に、精神的な疾患の場合は精神科に紹介させていただきます。

■脳神経内科疾患(例)
脳:
認知症、脳梗塞、片頭痛、パーキンソン病、パーキンソン症候群、てんかん 、髄膜炎、単純ヘルペス脳炎

脊髄:
頸椎症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、筋委縮性側索硬化症、亜急性脊髄連合変性症、脊髄血管障害、脊髄炎

末梢神経:
糖尿病性動眼神経麻痺、ベル麻痺、Ramsay-Hunt症候群、帯状疱疹、ギランバレー症候群、手根管症候群、橈骨神経麻痺、帯状疱疹、糖尿病性多発性神経炎、家族性アミロイドーシス、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

神経筋接合部:重症筋無力症

筋肉:皮膚筋炎、多発性筋炎