平尾医院|豊橋市中松山町の内科、小児科、脳神経内科

  • HOME
  • 物忘れ外来
物忘れ外来

認知症とは

認知症は病名ではなく、多くの原因があります。
脳神経内科・脳神経外科・老年内科・精神科できちんと診断してもらうことが大切です。
当院は平成20年10月より物忘れ外来を開設し認知症の早期発見・早期治療に取り組んでいます。お気軽にご相談ください。

認知症の原因疾患

変性型認知症
1)アルツハイマー型認知症(AD)
2)レビー小体型認知症(DLB)
3)前頭側頭葉変性症(FTLD)
4)進行性核上性麻痺(PSP)
5)大脳皮質基底核変性症(CBD)

非変性型認知症
1)脳血管性認知症(VaD)
2)慢性硬膜下血腫
3)閉塞性水頭症
4)脳腫瘍
5)正常圧水頭症
6)ウェルニッケ脳症
7)薬剤性せん妄
8)高齢者てんかん
9)仮性認知症(老年期うつ病)
10)甲状腺機能低下症(粘液水腫)

変性型認知症について

剖検ではADが47%、AD+VaDが4%、VaD18%、DLB18%、その他13%と報告されています(2002年赤津ら)。

①アルツハイマー型認知症(AD)
65歳以降にエピソード記憶障害で発病します。徐々に進行し、見当識障害、物取られ妄想が見られ、その後失行、失認、失語、意欲低下が加わり、1人では自立した生活が困難となる疾患です。
脳MRIでは側頭葉内側部に萎縮が始まり、脳全体に萎縮が進行していきます。

②レビー小体型認知症(DLB)
ADよりも若く発病し、初期は記憶の改善や再認が保持されます。
認知機能が変動し、生々しいリアルな幻視、レム睡眠行動異常、パーキンソン症状の合併が見られるのが特徴です。
ADと異なり脳MRIでは側頭葉内側部の萎縮は少なく、脳SPECTでは幻視を反映し後頭葉の血流低下を認めます。MIBG心筋シンチグラフィーで異常が認められます。

③前頭側頭葉変性症(FTLD)
ADよりも若く発病し、初期は記憶や見当識は保持されます。
脱抑制(我慢できない)、常同行動、食行動障害等の行動異常が特徴とされ、考え無精、社交性消失、無関心、性格変化が見られます。失語や意味性認知症で発病する方も見えます。
脳MRIでは前頭・側頭葉の萎縮が認められます。

診断と治療

認知症は生活情報、神経学的診察、高次脳機能検査(HDS-R、ADAS、CDR、CDT、DASC-8等)や脳画像診断(MRI・SPECT)より総合的に診断されます。

治療

変性型認知症は、根治治療は困難で対症治療となります。患者さん・介護者の方と共に認知症と長い目で付き合う覚悟が必要です。
当院では、患者さんの疾患情報と生活情報から生活のしづらさを軽減する観点より、薬剤調整、睡眠薬、抗不安薬、抗精神病薬、漢方薬、抗認知症薬の処方をさせていただいております。
介護保険サービスを利用していただくことによりご家族の介護負担の軽減と認知症の進行抑制を図ることも可能です。

非変性型認知症について

脳血管性認知症(VaD)
認知症全体の18%を占め、主に脳梗塞により脳組織が多発性または局所性に障害され発症します。障害された部位により多彩な症状をし、まだら認知症とも呼ばれます。物忘れ、見当識障害、実行機能障害、被害妄想、片麻痺、失語、血管性パーキンソン病、尿失禁等が見られます。不安、イライラ、意欲低下等の精神症状が前面に出ると、うつ病と誤診されることがあります。海馬萎縮はADに特異的とされていますが、病理学的には純粋なVaDでも中程度までの海馬萎縮を認めます。VaDとADに共通する病態として白質病変、微小出血、微小梗塞等の脳小血管病があります。以上よりVaDとADの鑑別はしばしば困難であり血管性認知障害が提唱されています。
治療としては、高血圧・糖尿病・脂質異常症のコントロール、抗血小板剤の内服、リハビリテーションにより脳梗塞の進行と再発予防、カテーテルアブレーションにより心房細動を洞調律に戻し心拍出量の低下を改善させる等を行います。