平尾医院|豊橋市中松山町の内科、小児科、脳神経内科

  • HOME
  • 軽度認知障害(MCI)
軽度認知障害(MCI)

MCIスクリーニング検査を行っております。

(軽度認知障害(MCI)のリスクを判定する血液検査)
詳細はこちらのサイトもご覧ください。(外部サイト)
https://mcbi.co.jp/

軽度認知障害(MCI)について

軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)

加齢による前頭葉・前頭前野の血流低下が原因とされています。
認知障害があるが日常生活には支障がない状態です。CDRでは0.5に相当する状態で認知症予備軍と考えられます。

MCIの自然経過

日本におけるMCIの方は400万人と報告されています(2012年厚生労働省)。MCIは健忘型と非健忘型に分けられ、さらに単一領域型と多領域型に分けられます。MCIの4年後の認知症への移行率は、健忘型単一領域4.5%、健忘型多領域20.6%、非健忘型単一領域13.1%、非健忘型多領域21.6%と報告され、正常認知機能まで改善するのは、健忘型単一領域38.7%、健忘型多領域25.7%、非健忘型単一領域57%、非健忘型多領域20.9%と報告されています(国立長寿医療研究センター島田ら)。

MCIスクリーニング外来(※自由診療となります)

令和3年5月10日、認知症予備軍であるMCIを早期発見することを目的に開設しました。MOCA-J(認知機能検査)とMCIスクリーニング検査から構成される専門外来です。
月~水の午後、金曜午後の完全予約制、合計2回で21,000円(税込み)となります。
1回目は検査のみ(約30分)、2回目は結果説明となります。検査の結果、MCIの発病リスクが高いと判定された場合は、後日当院物忘れ外来にて精査を行います。

<MCIスクリーニング検査>
認知機能を障害するβアミロイドをクリアランスする3つのタンパク質(ApoA1、TTR、C3)の量を測定しMCIを発病するリスクをABCDの4段階で評価する血液検査です。

MCIからの認知症予防

  • MCIから認知症への移行を阻止できる薬剤はありません。
  • MCIスクリーニング検査でMCIになるリスクが高いと判定された方は、生活習慣の改善と脳リハビリをできるだけ早く開始しMCIの発病を予防しましょう。
  • MCIで生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症)のある方は、認知症が発病しやすくなりますので、かかりつけ医の先生のところで治療を継続してください。