平尾医院

平尾医院|豊橋市の内科、小児科、脳神経内科

〒440-0875 愛知県豊橋市中松山町83
TEL:0532-52-5117
トップページ»  禁煙外来について

禁煙外来について

禁煙外来について

■禁煙補助薬は、ニコチンを含まない飲み薬(ニコチン受容体部分作動薬)を使用します。この薬は、禁煙時の離脱症状(イライラ、頭痛、倦怠感、タバコが吸いたくなる)を抑え、禁煙を継続しやすくする効果があります。

■ニコチン受容体部分作動薬とは
脳のニコチン受容体にニコチンが結合することを遮断し、喫煙による満足感を抑制すると同時に、少量のドパミンを放出させ、禁煙による離脱症状を抑制します。したがって禁煙成功率がニコチン性の禁煙補助薬より高いとされています。

■禁煙外来の詳細ついては、すぐ禁煙.JPをご覧下さい。

■ご注意
①ニコチン受容体部分作動薬内服後に、めまい、眠気、意識障害が出現し、自動車事故が起きたという報告があったので、2011年7月から、ニコチン受容体部分作動薬内服中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作ができなくなりました。したがって当院の禁煙外来では、自動車の運転が3か月間制限されますので、ご注意下さい。

②保険による禁煙診療について
下記の粂件をすべて満たすことが必要です。
1) 直ちに禁煙したいと考えている方
2) TDSが5点以上ある方
3) ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方
4) 3ヵ月間の禁煙治療プログラムを受けることを署名で同意して頂ける方
上記基準を満たさない方は、自由診療(自費)となります。

③3ヶ月間の禁煙治療の途中で喫煙された方は、その後1年間、保険による禁煙治療は認められません。