平尾医院

平尾医院|豊橋市の内科、小児科、脳神経内科

〒440-0875 愛知県豊橋市中松山町83
TEL:0532-52-5117
トップページ»  パーキンソン病について

パーキンソン病について

パーキンソン病について

概要
パーキンソン病(PD)は、運動に関する情報を伝える黒質のドパミンの減少で発症する脳の病気です。レビー小体が残存神経細胞に見られます。初老期に多く発病し、人口あたり100~150人と比較的多く見られる神経疾患です。神経の老化が早まる病気とも言え、人口の高齢化に伴い70才代~80才代の高齢患者さんが増加の傾向にあります。


■症状
手足の振戦、動作緩慢、手足の動かしにくさで発病します。その他の運動症状として、姿勢異常、すくみ足、手指の変形、ムズムズ脚、目が開きにくい等が見られることがあります。非運動症状として、自立神経症状(便秘、排尿障害、起立性低血圧、発汗障害)、精神症状(睡眠障害、抑うつ、疲労、強いこだわり)、やせ、体性感覚障害(体や手足の痛み)、嗅覚障害があります。
診察すると仮面様顔貌、歩行時の腕振り欠如、前傾小刻み歩行、四肢や頚部の筋固縮が認められます。

■診断
脳MRIや血液検査では異常を認めない疾患です。問診と神経学的検査により診断が可能です。本疾患は神経疾患の中でも薬物治療が確立している疾患です。脳神経内科内科にて早期診断して貰い適切な薬物治療を受けることにより天寿を全うできる疾患になりました。

■パーキンソン症候群とは
パーキンソン症状を認めるもLドパ治療に反応しないまたは乏しい場合を指します。薬剤性パーキンソン病、血管性パーキンソン病、進行性核上性麻痺(PSP)、多系統萎縮症(MSA)等があります。

◆パーキンソン症候群の治療
①薬剤性パーキンソン病は原因となっている薬剤を中止することにより症状が改善されます。
②血管性パーキンソン病は脳梗塞による両下肢主体のパーキンソン病と考えられます。Lドパの反応は乏しく血圧や糖尿病のコントロール・抗血小板剤内服による脳梗塞の予防が大切です。歩行障害に対してはリハビリテーションが行われます。
③進行性核上性麻痺(PSP)は認知症、垂直性眼球運動障害、パーキンソン症状を認める指定難病疾患で有効な治療はなく対症治療となります。
④多系統萎縮症(MSA)は小脳失調、自立神経障害、パーキンソン症状を認める指定難病疾患で有効な治療はなく対症治療となります。

■発病初期の治療
Lドパ薬物療法が中心です。発病後5年程度は、Lドパ補充療法に良く反応しハネムーン期と呼ばれます。

■進行期の治療
ドパミン神経シナプスが変性脱落しドパミンの保持ができなくなり、①~②の現象が見られるようになります。
①ウエアリング・オフ
薬の効果が次の内服前に切れるのが自覚されます。
②ジスキネジア
血中Lドパ濃度と連動して脳内のドパミン濃度が急激に増減することにより発現する過剰な不随意運動を指します。振戦は含まれません。

◆ウエアリング・オフの治療
①MAO-B阻害薬(セレギニン、ラサギリンメシル酸塩、サフィナミドメシル酸塩)
脳内のドパミン分解を抑制し脳内ドパミンを増加させ運動症状を改善します。
②ドパミンアゴニスト(プラムペキソール、ロピニロール、ロチゴチン)
脳内のドパミン受容体を持続的に刺激し運動症状を改善します。
➂COMT阻害薬(エンタカポン)
末梢でのLドパの分解を抑制し、Lドパを脳内に効率的に送り込み脳内ドパミンを増加させ運動症状を改善します。
④Lドパ賦活型製剤(ゾニサミド)
大脳基底核回路に作用し線条体でのドパミン分泌を促進、GABA分泌を抑制し運動症状を改善することが推定
されています。
⑤アデノシンAα受容体拮抗剤(イストラデフィリン)
GABA分泌を抑制し運動症状を改善します。

◆ジスキネジアの治療
コントロールが極めて難しい症状です。若年者の場合、病初期よりMAO-B阻害薬やドパミンアゴニストを使用し発現を予防します。ジスキネジアにウエアリング・オフを合併する場合はLドパ少量頻回投与やエンタカポン、ゾニサミド、イストラデフィリンの投与を考えます。薬剤でのコントロールができない場合は脳外科的治療が検討されます。

◆認知症、すくみ足、姿勢異常、嚥下障害の治療
理学療法士によるリハビリテーションが通院又は訪問にて行われます。

◆脳外科的治療
以上の治療によってもコントロール困難な重度の運動症状を有する患者さんに対しては、脳神経外科で定位脳手術(凝固術、脳深部電気刺激治療)が検討されます。

■福祉制度
①特定疾患医療助成度
重症度がヤール3度以上で生活障害度2度以上の方、又は1か月の治療費の額が半年間で一定額以上の方は、医療費が減免されます。
※保健所へ指定難病申請の診断書を提出する必要があります。当院はパーキンソン病、脊髄小脳変性症等の指定難病医療機関ですのでご相談下さい。

②介護保険制度
40歳以上のパーキンソン病の方は、市役所長寿介護課に介護申請をし介護認定を受けると、訪問介護・訪問リハビリを利用することが可能となります。主治医の先生とご相談下さい。