平尾医院

平尾医院|豊橋市の内科、小児科、脳神経内科

〒440-0875 愛知県豊橋市中松山町83
TEL:0532-52-5117
トップページ»  パーキンソン病について

パーキンソン病について

パーキンソン病について

⬛概要
パーキンソン病(PD)は、運動に関する情報を伝える黒質のドパミンの減少で発症する脳の病気です。レビー小体が残存神経細胞に見られます。初老期に多く発病し、人口あたり100~150人と比較的多く見られる神経疾患です。神経の老化が早まる病気とも言え、人口の高齢化に伴い70才代~80才代の高齢患者さんが増加の傾向にあります。
⬛症状
手足の振戦、動作緩慢、手足の動かしにさ、首・肩・手足の痛みで発病します。診察すると仮面様顔貌、歩行時の腕振り欠如、前傾小刻み歩行、四肢や頚部の筋固縮が認められます。
進行すると自律神経障害(便秘、排尿障害、起立性低血圧)、認知機能低下、うつ、不安、幻覚・妄想、睡眠障害、すくみ足、姿勢異常、嚥下障害が現れ、転倒による骨折や誤嚥性肺炎などの感染症のリスクが高まります。
⬛診断
脳MRIや血液検査では異常を認めない疾患である為、脳神経内科医の診察を受けて頂きたいと思います。
■パーキンソン症候群とは
パーキンソン症状を認めるもLドパ治療に反応しないまたは乏しい場合を指します。疾患としては、①薬剤性パーキンソン病②血管性パーキンソン病③進行性核上性麻痺④多系統萎縮症等があります。治療として①は原因となっている薬剤を中止することにより症状が改善されます。②は脳梗塞の多発による両下肢主体のパーキンソン病と考え、抗血小板剤による脳梗塞の予防と歩行障害に対してリハビリテーションが行われます。③④は指定難病疾患です。現在のところ有効な治療はなく対症治療となります。
⬛発病初期の治療
Lドパ薬物療法が中心です。発病後5年程度は、Lドパ補充療法に良く反応しハネムーン期と呼ばれます。
■進行期の治療
進行期に入るとドパミン神経シナプスが変性脱落しドパミンの保持ができなくなり、以下の現象が見られるようになります。
①ウエアリング・オフ
薬の効果が次の内服前に切れるのが自覚される。
②ジスキネジア
血中Lドパ濃度と連動して脳内のドパミン濃度が急激に増減することにより発現する過剰な不随意運動。
③すくみ足
④姿勢異常
⑤嚥下障害
⑥認知症
⬛ウエアリング・オフ、ジスキネジーの治療
1)認知症・ジスキネジア(-)
①MAO-B阻害薬追加
脳内のドパミン分解を抑制し脳内でドパミンを持続的に分泌させる。
②ドパミン受容体刺激薬追加
脳内のドパミン受容体を持続的に刺激させる。
2)認知症・ジスキネジア(+)
①COMT阻害薬を追加
末梢でのLドパの分解を抑制されLドパを脳内に効率的に送り込む。
②Lドパ賦活型製剤追加
Lドパ効果を高める。
③アデノシンAα受容体拮抗剤追加
GABA分泌が抑制し神経シグナルを改善させる。
■進行期の認知症・すくみ足、姿勢異常、嚥下障害
理学療法士によるリハビリテーションが通院又は訪問にて行われます。
⬛脳外科的治療
以上の治療によってもコントロール困難な重度の運動症状を有する患者さんに対しては、脳神経外科で定位脳手術(凝固術、脳深部電気刺激治療)が検討されます。
⬛福祉制度
①特定疾患医療助成度
重症度がヤール3度以上かつ生活障害度2度以上または、軽症でも治療額が一定額以上の方
保健所へ特定難病申請の診断書を提出する必要があり。
②訪問リハビリ、訪問介護
40歳以上の方
市役所長寿介護課に介護申請をする必要あり。
①②とも主治医の先生とご相談し手続きをして下さい。